税理士に教わる税金の記事一覧 - おしえて税理士さん!税金のきほん

おしえて税理士さん!税金のきほん
ribbon

会社設立の案内状を作るには?

会社設立

・会社設立の案内状を用意しておこう!
会社設立をした時には、関係各社や近しい人に案内状(挨拶状)を作成する必要があります。
必ず作成しなければならないものではありませんが、取引先がすでにある場合や、お世話になった人に対しては、できるだけ優先して送るべきでしょう。
ただ、案内状の作成はどうやればいいのか?初めて会社を設立した人は、手配の仕方が分からないかもしれません。
今回は、そんな人向けに、会社の案内状の作成方法を説明したいと思います。

・印刷会社を探す
まずは適正料金で案内状を印刷してくれる、印刷会社を探すことから始めます。
印刷会社によって一枚あたりの単価が変わってきますので、できるだけサービスが充実していて、料金がお得な所を選んだ方がいいでしょう。
ただ、もっと重要な点は納期です。
案内状はできるだけ早めに原稿を作成して、すぐにでも印刷に回せるようにしておきたいところです。
ですが、会社設立の手続きが忙しくなって手が回らなくなってしまうことも考えられ、案内状の作成がギリギリになることもあるでしょう。
そうしたことも踏まえて、できるだけ短納期で仕上げてくれる業者を選んだ方がいいです。

・見積りを相談する
印刷にかかる費用の見積りを、各印刷業者に相談します。
できるだけ複数の業者に見積もりの相談をして、お得な費用のところを、チョイスするといいでしょう。

・案内状の原稿を書く
案内状に記す、文章の原稿を書く必要があります。
案内状の内容は、インターネット上に例文がたくさん紹介されていますので、そちらを参考にして書いておくと失敗がないでしょう。
ちなみに挨拶文の他に、会社までのアクセスマップなども案内状に掲載しておくと相手に対して親切です。

・印刷を依頼
案内状の原稿ができたら今度は、印刷を業者に依頼することになります。
完成は、早いところでだいたい数日、長くなった場合でも一週間程度で印刷物は出来上がりますので、案内状ができ次第、各関係者に送る手配をしなければなりません。

・案内状は誰に送るの?
会社の設立お披露目パーティーや設立記念パーティーなどの案内状は、取引先をはじめとする、近しい間柄の人達に対して送るべきものです。
例えばお世話になった人や、開業を手伝ってくれた人には、真っ先に送るのがマナーです。
他にも親族や、これから取引を行うことが想定される、業者の人を招いてもいいでしょう。
会社の知名度を広げるチャンスでもありますので、案内状はできるだけたくさんの関係各社に送るようにしましょう。

税理士に教わる税金 | 11月14日更新
ribbon

会社設立を格安で行う方法

会社設立 税理士

会社設立というのは、少なからず費用がかかってくるものです。
経営や運営について考えると、より一層費用に関しては考えなくてはなりません。
しかし、実際に会社設立を格安で行う際には、どのようなことをすれば良いのでしょうか。
多くの方は、やはり費用を抑えられるなら抑えた方が良いと思っています。
そのため、常に会社設立に関しても格安でできる方法などがあれば、そちらで行おうと思っている方が沢山いるのです。
そこは、まず色々と考えてみて、その上で挑戦していくと良いのではないでしょうか。
ちなみに、会社設立に関しては少なからず最低限必要となってくる費用があります。
定款の認証はもちろん、各種書類の提出で必要となる印紙なども必要です。
そのため、1円起業や0円起業が流行っているものの、完全に費用をかけずに会社設立を行うということは、まず無理だと思ってください。
それが現実ですし、多くの場合は事業を行っていく上でコストがかかっているので、理解していくことが必要となります。

ただ、格安で行いたいというのは事実ですし、できることなら節約したいはずです。
その場合は、手続きや申請に関しても簡素化してしまうのが良いでしょう。
その他、節約できるところは節約するように、徹底的に心がけるしかありません。
例えば、申請や手続きに必要となってくる費用に関しても、工夫の仕方によっては安くすることができますし、税金や年金、保険なども節約することは可能です。
ただ、これらに関しては知識が必要となってくるため、専門家に相談するのが良いです。
専門家は色々な情報を知っていて、常に依頼者の有利になるように話を進めてくれます。
そのため、近年は専門家に相談するという方が増えています。
手続きや申請の簡素化であれば、行政書士や司法書士が頼りになるでしょう。
また、税金や年金、保険に関しては税理士が頼りになる存在です。
そのため、しっかりと考えて対応していくことが必要となってくるのではないでしょうか。

ちなみに、専門家に依頼する場合も費用は必要となってきます。
しかし、近年は相談だけなら無料というところも増えているので、そちらで相談してみるというのが良いかもしれません。
相談することがある場合は、まずは地元にいる専門家を見つけてみてください。
その他、インターネットなどが普及したことで、情報収集もしやすくなっています。
知りたいことについては、そちらも活用すると良いでしょう。

税理士に教わる税金 | 10月16日更新
ribbon

東京税理士ナビ 専門分野ごとに特徴を紹介

会社設立 税理士01

これを読んでいる皆さんは税理士と聞いてどのようなイメージを持つでしょうか?
おそらく税金に関することを担当してくれる人というのがもっとも多いでしょうし、その認識で間違いありませんが、税金にもいろいろな種類がありますので、その分税理士の専門分野も変わってきます。

東京にはたくさんの会計事務所がありますし、これから税理士を探したいという人の中にはそのあたりのことを知らない人もいると思いますので、ここでは税理士を専門分野ごとに紹介していきます。
まずひとつめは企業に関わる税理士で、こういった人たちは主に企業の税務を担当しますから、法人税や消費税、所得税といった税金がメインになります。

特に法人税は会社設立することによってかかってくる税金ですから、より専門性の高い税金と言えますし、企業の節税や税務調査対策をするならそういった分野に慣れている人のほうがいいでしょう。
また、中には会社設立手続きに関われる資格を同時に持っている税理士もいますが、会社設立には定款をはじめ印鑑証明書など必要書類を揃えなければなりませんので、そのあたりに詳しい人だと会社設立をスタートさせる時点からサポートしてもらえるので大変便利です。

次に遺産相続に関わる税理士というのもいて、遺産相続も相続税という専門性の高い税金が出てきますから、この場合もできるだけ遺産相続を経験している税理士に依頼するほうがいいでしょう。
相続税の計算をするためにはまずプラスの財産とマイナスの財産、さらに相続の対象にならない財産をピックアップしていかなければならず、その仕訳ができたらプラスの財産からマイナスの財産を引き、そこからさらに基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いて出た部分が相続税の対象になります。

相続税の基礎控除額は現在3,000万円+(600万円×相続人の数)の計算式で求めることができますから、相続人の数が何人になるのか分かったら当てはめて計算してみてください。
相続税の納税期限は被相続人が亡くなってから10カ月以内に定められており、それ以降になってしまうとペナルティが発生してしまいますので注意しましょう。

このほかにも税理士はそれぞれ専門分野を持っていますから、もしこれから税理士を探して相談したいという場合はまずその税理士はどんなことが得意な丘しっかり情報収集し、それを分かったうえで依頼するようにしてください。
そうするとうまく税理士選びもできるのではないでしょうか?

税理士に教わる税金 | 09月16日更新
ribbon

法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?

会社設立

税理士は会社設立するときに限らず、個人事業主でも頼りになる存在で、実際に顧問契約をして相談している個人事業主の人もたくさんいます。
一般的に税理士を雇って税金の管理をすると聞くと法人をイメージしますが、個人事業主の中にはかなりの利益を出しているところもありますし、税金の管理を税理士に任せることによって自身が事業に集中できるので大きなメリットがあるのです。

それでは頼れる税理士を見つけるためにはどのような点がポイントになるのか、ここではそのあたりの話をしていきたいと思いますので、税金の管理を税理士に任せたいと考えている皆さんは参考にしてください。
はじめに税理士を探すときのもっとも大きなポイントと言えるのが、ビジネス関連の税金に特化しているかという点で、税理士も弁護士などと同じように得意分野がありますので、そこを必ずチェックしてから依頼してください。

たとえば企業で顧問税理士をするような人は普段から企業の税金の管理を中心に仕事をしているので、たとえば企業の節税や確定申告、年末調整といったことをしています。
しかし税金はほかにもいろいろありますので、普段は相続税を中心に扱っているという人もいますし、そういった人でも企業の顧問税理士を依頼することはできなくはありませんが、専門性があまり高くないのでメリットがありません。

どうせ同じ報酬で依頼するならやはり専門性の高い人に相談したほうがいいので、これから税金を管理してもらいたい経営者や個人事業主はビジネスに特化していることを必ず確認してください。
次に相談するうえで欠かせないポイントになるのが税理士との相性で、これはどれだけ評判のいい人だと聞いていても実際に会って話をしてみなければ分からない部分なので必ず話をしてから決めるようにしましょう。

最近ではインターネット上でも税理士の評判を口コミなどでチェックできますが、そこに記載されていることはあくまでも他人からの感想なので、参考にはなりますが、自分自身との相性の良さを保証するものではありません。
評判の良い税理士だからと言って安易に依頼した結果、直接話してみてもあまり感触がよくなかったり、税理士が直接対応するのではなくスタッフが対応する時間のほうが長かったというケースもよくあります。

税理士事務所の中には無料相談を実施しているところも多いですから、まずは無料相談をして本当に頼れる税理士かどうか確認してみるといいでしょう。

税理士に教わる税金 | 08月07日更新
ribbon

おすすめする税理士の専門分野

税理士が対応できる業務も非常に幅広いのですが、その中でも利用をおすすめする専門分野をご紹介しておきます。
まずは法人関係の税金です。
法人税や法人住民税、事業税、消費税といった税金ですね。
これら税金をすべて不備のないように対応するのは、かなり難しいのが現実です。
実際に法人にかかるこれら税金について、税理士への代行以外の方法で対応しているのは、1〜2割程度に留まるというアンケート結果もありますね。
(さらに…)

税理士に教わる税金 | 07月10日更新
ribbon

税理士に相談した体験談

税金のことを税理士に相談した体験談を知ると、日常生活や仕事でかかる税金の種類や、その状況、税理士への相談内容など、いろいろなことがわかりますよね。
いくつかご紹介します。
(さらに…)

税理士に教わる税金 | 07月10日更新
ribbon

専門の税理士の探し方ってどうやるの?

何か税金で困ったことがあり、それを相談する専門の税理士の探し方がよくわからないとのご意見もいただきます。
その税金の悩みにピッタリな税理士を探すためには、相談が大事です。
たとえば何税でお困りなのか、それを早い段階でご相談いただきますと、あとは税理士の方でそれに対応できるかどうか、回答させていただきます。
(さらに…)

税理士に教わる税金 | 07月10日更新
ribbon

税理士に相談した方がいい専門分野って?

税金の中には個人でも十分対応できるものもありますが、税理士まで相談いただいた方がいい専門分野もあります。
そのような税金とは、たとえば相続税ですね。
相続のときにかかる税金で、相続財産から控除する各種の金額を引いて、課税金額を計算します。
(さらに…)

税理士に教わる税金 | 07月10日更新
ribbon

税理士の専門分野ってなに?

税理士の専門分野とは何かといったら、基本的には税金のことです。
税金は一般個人や法人の営利活動につきものですが、もともと仕組みがややこしい上に、法律もたびたび改正されます。
ちなみに法律が改正されると、税金の仕組みや計算式も変わるんです。
これらを一個人や法人の方で対応するのは難しいでしょうから、それを代わりにやるのが税金のプロである税理士となります。
(さらに…)

税理士に教わる税金 | 07月10日更新
ribbon

相続にかかる税金の種類は?

相続時に税金がかかることは、多くの方がご存知ですよね。
具体的にどんな種類の税金がかかるのかというと、実は種類自体は多くなく、ほとんどの場合で相続税という1種類だけです。
しかし相続にあたって多額の税金がかかるという噂は多いですし、実際に税理士まで依頼される方も少なくありません。
相続を経験するとかなり税金がかかると思われがちですが、実は相続税の対象になる方はごく一部です。
相続はしたものの、税金はまったくかからない方も多いんですよ。
(さらに…)

税理士に教わる税金 | 07月10日更新