税理士が教える税金の種類 - おしえて税理士さん!税金のきほん

おしえて税理士さん!税金のきほん
Home » 税理士に教わる税金 » 税理士が教える税金の種類
ribbon

税理士が教える税金の種類

日常生活の中でかかる税金の種類は、それこそ山のようにあるのですが、その中でも大事なのは、私たち税理士までよく相談されるいくつかの種類かと思います。
まずお気を付けいただきたいのは、所得税について。
お仕事をされている方が大半かと思いますが、それでお金を稼いだ場合、その収入に応じて税金がかかります。
勤め人の方が普段これを意識しなくても問題ないのは、会社がこの手続きを代わりにやってくれるからです。

しかし収入を得れば必ずこの所得税の申告が必要になることは、覚えておいてください。
たとえば副業をするなど、その会社の外で別に収入を得ていた場合、所得税の申告義務があります。
それをやるのが毎年2月から3月にかけて実施されている、確定申告です。
つまり会社以外のところで収入を得ていた方は、この会場で個人的に申告が必要になるんです。
副業などを開始してからこのことを知り、税理士まで確定申告の相談や代行を依頼される方も多いため、これらのことはよく知っておかれるといいかと思います。

この所得税のほかに知っておきたいのは、相続税・贈与税です。
これも日常生活の中で発生することの多い税金で、税理士まで相談されることが多いです。
これは誰かから誰かへ、財産が移行したときにかかる税金で、身内の方が亡くなって相続が起きたときなら相続税、それとは関係なく、単純に財差を誰かにあげたときにかかる税金が贈与税となります。
相続税は比較的有名ですが、贈与税はあまり知られていないようです。
このような税金は急に発生したり、仕組みを知らなくて税務署から指摘されて発覚したりして、やはり税理士まで相談される方が多いですね。

日常生活で発生する税金で、特に知っておかれるといいのは、以上のような税金です。
これ以外にも市民税や県民税、消費税、健康保険税と、たくさんの税金がありますが、これらは自分で税務署に申告が必要というケースが少ないため、特別悩んでいる方は少ないようです。
日常生活で急に発生したりするという意味で、所得税や相続税などを重点的にチェックしておかれるといいでしょう。

税理士に教わる税金 | 07月10日更新