相続にかかる税金の種類は? - おしえて税理士さん!税金のきほん

おしえて税理士さん!税金のきほん
Home » 税理士に教わる税金 » 相続にかかる税金の種類は?
ribbon

相続にかかる税金の種類は?

相続時に税金がかかることは、多くの方がご存知ですよね。
具体的にどんな種類の税金がかかるのかというと、実は種類自体は多くなく、ほとんどの場合で相続税という1種類だけです。
しかし相続にあたって多額の税金がかかるという噂は多いですし、実際に税理士まで依頼される方も少なくありません。
相続を経験するとかなり税金がかかると思われがちですが、実は相続税の対象になる方はごく一部です。
相続はしたものの、税金はまったくかからない方も多いんですよ。

相続税は所得税の申告時と同じく、基礎控除という金額が設定されています。
この金額の範囲内のお金には、税金がかかりません。
相続税の基礎控除は3000万円です。
つまり相続財産が3000万円以下の方は、税金は特にかからないんです。

これ以上の財産があっても、やはり相続税がかからない場合があります。
基礎控除は相続人1人あたり600万円が設定されており、その人数分の枠も上乗せされます。
たとえば相続人が3人なら、600万円の枠が3つ分あることになり、合計1800万円までがさらに非課税となるんです。
この例の場合、全体の控除枠3000万円とあわせて、合計4800万円までの相続財産に税金がかかりません。

相続税とはこのような仕組みになっているため、多額の相続財産がない限り、この税金はかかりません。
ケースによってはまったくの非課税で相続できる場合もありますから、まずは落ち着いて計算してみてください。
相続財産によっては税金がかかるわけですが、それがかかるのは、基礎控除を超える部分だけです。
たとえば相続財産が1億円で、基礎控除が4800万円だったとすると、相続税の課税金額になるのは5200万円だけとなります。
この課税金額の何%という形で税金がかかります。

相続にかかる税金、相続税とはこのようなものです。
相続時にこれ以外の税金がかかることは、基本的にはありません。
実際の相続税額の計算はかなり複雑になるため、これを計算する必要があれば、よろしければ税理士まで相談されることをオススメします。

税理士に教わる税金 | 07月10日更新